作業机に置いてあるPCとピンク系のPC
  • ホーム
  • SEO対策に使えるツール10選!

SEO対策に使えるツール10選!

作業机に置いてあるPC

SEO対策としてどのような方法を用いれば良いかを考えるには論理的な判断が必要です。そのため勘違いや思い込みといった要素をSEO対策から排除していかなければなりません。ただし効率というものも当然必要ですので、便利なツールがあればそれを活用すべきです。

キーワードを検討する際には、GoogleAdWordsキーワードプランナーが役に立ちます。どういうキーワードでユーザーに検索してもらいたいかを想定したら、GoogleAdWordsキーワードプランナーにアクセスし、想定したキーワードの検索需要を調べましょう。思わしくない結果であれば再検討をするのですが、このツールによって、当該キーワードに関連し、なおかつ需要のあるキーワードを見つけられるはずです。そして集客効果が実際にあるのかどうかという制作者にとって一番興味はあるものの自分では調べる術がない問題にも適切な回答が与えられるので、大きなヒントになります。

Majestic-SEOというツールは、被リンクの質・評価されているキーワード・後述する中古ドメインの選定など、SEO対策に重要な情報を与えてくれるツールです。無料で使うこともできますが、優良プランを利用すれば更に高度な分析を行なうことができます。反対にMajestic-SEOを使いこなすには、相応の知識も必要になってきますので、初心者は使い込むことでSEOへの理解を深めながら学習することになるでしょう。

SEOチェキはチェックしたいWebサイトのURLを入力するだけで、5項目にわたるチェック項目を無料で確認することができます。具体的には、サイトSEOチェック・検索順位チェック・キーワード出現頻度・発リンク・Whois情報です。類似のサービスは他にもありますが、SEOチェキの動作スピードつまり軽さは比類がなく、特にコンテンツの充実度を重視してSEO対策を行なっている人には利用価値が極めて高くお勧めです。

goodkeywordも無料で利用できる便利なツールです。想定したキーワードを入力して検索にかけると、関連キーワードがリスト表示されてきます。ひとつひとつをクリックしていけば、想定したキーワードと組み合わせるべきキーワードが見つかってきます。その組合わせは単独のキーワードで検索するよりはヒット数が減るものの、効果的な組合わせによってニッチを新たに見つけることができるようになるはずです。ユーザーを開拓するのにうってつけであり、検索順位を上げるヒントになります。goodkeywordによってキーワードの組合わせを見つければ、それをセンテンスにしてwebサイトのタイトルを導きだすことができるでしょう。

これらのツールを活かしてサイトの方向性を探れば、コンテンツの充実と平行して検索順位を上げていく良い方法となります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧